基礎知識を速習!実践型プログラム「経理・会計基礎研修」

経理・会計基礎研修セミナーならアイルキャリアカレッジ

アイルの経理・会計基礎の特長

経理・会計の基礎知識を速習する実践型プログラム!

1日完結!経理・会計の基礎知識が学べるプログラム!

経理の基本業務、取引と仕訳処理、小切手・手形の経理処理といった経理・会計の基礎知識から
試算表作成などの決算処理まで、1日完結型プログラムで学んでいただけるプログラム 。

1名からの受講も可能なオープン講座型プログラム!

アイルキャリアカレッジでは毎月定期的に経理・会計基礎研修をオープン講座として開講しています。
そのため、1名からの受講もお受けしております。直近のスケジュールはコチラ
※人数や日程に関しては、ご希望あれば別途ご相談に応じます。

経理・会計基礎研修受講対象者

・経理課に配属された新人に社内研修ができない
  (研修時間がとれない、教える者がいないなど)
・基礎から簿記を学んでいないので、経理実務の話が理解できない
  (質問できる環境にない)
・なかなか自分で勉強するにも難しく、学習意欲がわかない
  (学ぶきっかけが欲しい)
・初心者が仕事に役立つ知識を1日で学ぶ、易しいセミナーがない
  (どれも専門的すぎてついていけない)

経理・会計基礎研修カリキュラム内容

初心者のための一から学ぶ経理知識 経理課に配属された初心者に必要な知識とは?

初心者の方が伝票処理から試算表作成までの流れを把握できて
上司からの指示も理解しやすくなる知識を習得して頂きます。


アイルの経理・会計基礎研修では、

@経理課で求められる知識と技能
A決算処理の基本を知る
B伝票処理・試算表作成の演習問題

を中心に、全くの基礎から段階的・体系的に経理知識を学んでいただけます。

テーマ 内容
1.簿記の基礎を学ぶ ・仕訳の考え方、やり方をマスターする
・勘定科目の決め方を覚える
・帳簿記入の仕方がすっきりわかる
・収益・費用の計上基準とは何か
2.経理の基礎を学ぶ ・経理課で求められる知識と技能
・小切手と手形の危ない使い方
・小切手と手形の実務的処理
・給与計算と税金・社会保険の仕組み
3.決算処理の基本を知る ・試算表ってなぜ作るのか
・勘定科目が2種類あるって本当?
・減価償却で気をつけること
・税務調査で知っておくこと
4.演習問題で完全マスター ・証憑から伝票記入をする
・試算表を作成してみよう
・財務諸表とは何かを考える

※【注意】参加人数が5名以下の場合は、開催見送り・延期等を行う可能性があります。
また、講座内容も一部内容を変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

経理・会計基礎研修料金体系

経理・会計基礎研修料金体系一覧

※テキスト代は別途お1人様1,000円(税抜き)となります。
※法人様の場合は、請求書払いが可能となります。

経理・会計基礎研修講師紹介

経理・会計基礎研修講師赤尾隆行

経理・会計基礎研修講師赤尾隆行

【経歴】

昭和59年4月、大手経理学校 講師
平成8年1月、会計事務所 勤務
平成10年4月、製造企業 経理課勤務
平成13年4月、福井コンピュータ株式会社 教育事業マネージャー

【実績】

新聞社主催:会計セミナー講師
製造メーカー主催:経理・財務教育講師
大手スクール:簿記講座講師
商工会議所:経理セミナー講師
職業訓練講師

【資格等】

日本商工会議所主催簿記検定1級合格
税理士試験 簿記論・財務諸表論合格
実務教育指導者協会 主任講師

経理・会計基礎研修日程と会場

開催エリア 開催日 開催時間 受講定員 研修会場 研修スタイル
大阪 ※日程調整中 6時間:10:00〜17:00
(※休憩1時間)
20名 アイルキャリアカレッジ堂島校 複数の企業様が参加される合同研修
東京 ※日程調整中 6時間:10:00〜17:00
(※休憩1時間)
20名 アイルキャリアカレッジ東京校 複数の企業様が参加される合同研修

※【注意】参加人数が5名以下の場合は、開催見送り・延期等を行う可能性があります。あらかじめご了承ください。
※当日、講師の変更をすることもありますので、あらかじめご了承ください。

経理・会計基礎研修お申し込みの流れ

上記日程で都合の良い企業様へ
 

問合せ・資料請求フォームよりお問合わせください。担当者より、残席状況と併せて、申し込み手順などのご連絡をさせていただきます。ご質問など含めまして、お気軽にお問合せください。問合せ・資料請求フォームはこちら

 
「人数やに日程を相談したい・・・」「講師派遣は?」という企業様へ
 

経理・会計基礎研修に関するご相談は随時受け付けております。企業様の要望に合せたご提案もさせて頂いています。お問合せは、メールフォーム、もしくはお電話(0120-147-396)でもお受けしております。まずはお気軽にお問合せください。

 

その他オススメの研修

ビジネスマナー研修はこちら

ビジネス文書研修はこちら