メールマガジン≪あきない健全化のコツ≫[バックナンバーVOL.15]

アイル メール購読・解除
健全な事業は健全なビジネス思考に宿る!≪あきない健全化のコツ≫バックナンバー
>>メールマガジンTOP
【配信日】
第2・第4水曜日
休日の際などは変更あり
VOL.15 2012年10月10日号 ジリ貧になる原因は根拠のない依存心

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

健全な事業は健全なビジネス思考に宿る!≪あきない健全化のコツ≫

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
             2012年 10月10日号 VOL.15 発行:(株)アイル   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

尖閣問題を起点に、あてにしていた中国景気を懸念する声が、
株式市場でも大きく持ち上がっています。

挙句の果てには米中再逆転を見込んだ評価結果もでているようです。

まあ株のことはやってなければ「お好きにどうぞ」で済みますが、
会社としてどこで収益をあげるのか、
という問題になると話は別です。

事業の死活問題に関わる話を、
目先の動向だけで判断する訳にはいきません。

“健全な行動や思考”を生み出す情報を、
いつでもどこでも分かち合える、
A41枚で印刷可能なPDFファイルでお届けする今回のメルマガは、

▼沈みゆくタイタニック号で足を引っ張り合い溺れ死ぬのを避けるには?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 黒字経営コーチの独り言 Vol.9

「金融円滑化法(モラトリアム法)の終了を見据えて“今”何をすべきか!!」

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

▼ コラム

今の日本経済はタイタニック号のようなもの。生き延びようとする
貴社の足を引っ張る「溺れ死ぬ取引先」を見極める方法とは?

90%以上のクライアントに黒字申告を継続させてきた、
税理士法人の代表 日野上 達也氏がコラム形式でお伝えします。

詳しくは上記のリンクをクリックするだけでご覧いただけます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 常勝営業のコツ☆1問1答:Vol.15

 【 ジリ貧に陥る営業の行動パターンとは? 】

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

■ 1問1答テキスト
■ 1問1答虎の巻(想定解答と解説)

足を引っ張られかねない取引先に依存する状態から、
抜け出すことに成功している営業の行動パターンとは?

競合物件で8割以上の勝率をキープしている私たちアイルが、
1問1答形式の研修テキストにまとめてみました。

詳しくは上記のリンクをクリックするだけでご覧いただけます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 編集後記

会社の行事で1年ぶりに東京へ行くのですが、
それが終わったあとで向うの「お友達」が5人も集まって、
ほぼ終日、一緒に遊んでいただけることになっています。

実は昔から知っているのは前の会社の後輩1名だけで、
あとは最近フェイスブックで知り合い、
毎日のようにコミュニケーションをさせていただいている方ばかりです。

東京に昔よく一緒に飲んでいた人は他にもいるのですが、
状況が変れば関係も変るものだなあと、
改めて実感している次第です。

それは事業活動においても当然の流れであり、
またそれに合わせる取り組みに手を付けているかどうかが、
本当に大切なのだと改めて思います。

ということで、あきないの健全化に向けて、
このコンテンツがお役に立ちましたら幸いです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━