メールマガジン≪あきない健全化のコツ≫[バックナンバーVOL.2]

アイル メール購読・解除
健全な事業は健全なビジネス思考に宿る!≪あきない健全化のコツ≫バックナンバー
>>メールマガジンTOP
【配信日】
第2・第4水曜日
休日の際などは変更あり
VOL.2 2012年3月21日号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

健全な事業は健全なビジネス思考に宿る!≪あきない健全化のコツ≫

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
              2012年 3月21日号 VOL.2 発行:(株)アイル   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

社員教育と言うのは、業績・財務などの事業全般を、
健全に営んでいくための施策です。

それは残念ながら1日の研修だけで万事解決できる代物ではありません。

研修で学んだ“健全な行動や思考”を染み込ませるのは、
日常的な仕事の中で行われるもの。

そんな“健全な行動や思考”をいつでもどこでも分かち合えるよう、
A41枚で印刷可能なPDFファイルに集約してお届けするのが、
≪あきない健全化のコツ≫です。

お届けする内容は、競合物件で常に8割以上の勝率をキープしてきた、
私たちアイルが徹底している“健全な営業の行動と思考”、
そして90%以上のクライアントに黒字申告を継続させてきた、
税理士法人の代表 日野上 達也氏による“健全な経営の行動と思考”です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 常勝営業のコツ☆1問1答:Vol.2

 【顧客視点で考えるのに有効な情報は?】

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

■ 1問1答テキスト

■ 1問1答虎の巻(想定解答と解説)

販売不振を克服するためにはまず、顧客視点を持つことだと
よく言われますが、現場ではつい、自社の都合で考えがちなもの。
そこを改めていくためのポイントをお伝えします。
上記のリンクから、たったの2クリックでご覧いただけます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 黒字経営コーチの独り言 Vol.2

 「マーケティングと巨大な石臼」

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

▼ コラム

多くの企業が倒産を続ける原因になっている販売不振。

克服するためには企業規模に関係なく、
「お客様が求める商品やサービスを作って、
  その情報を届け、その商品を効果的に買ってもらうようにする活動」、
つまりマーケティングを本気で考えなければいけません。

この“売れる仕組み”を成果が表れるレベルまで持っていくための、
巨大な石臼を動かすのにも似た“コツ”をご紹介します。
上記のリンクから、たったの2クリックでご覧いただけます。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

■ 編集後記

習慣には健全なものと不健全なものがあります。

習慣はまるで「モグラ叩き」のモグラのように、
ちょっと気を緩めるとすぐ顔を出してしまいます。

逆に健全な習慣をモノにするには、多少ぎこちなかろうが、
まずは形から入り、やり続ける努力が不可欠です。
電車の車掌さんが出発前にやっている点呼のイメージで。

それを意識しなくても自然とできる状態になって始めて、
健全な習慣と呼ぶに値するレベルです。
まさに「ローマは一日にしてならず」。

それを一日でも早めるために、≪あきない健全化のコツ≫を、
お役立ていただけましたら幸いです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━