メールマガジン≪あきない健全化のコツ≫[バックナンバーVOL.24]

アイル メール購読・解除
健全な事業は健全なビジネス思考に宿る!≪あきない健全化のコツ≫バックナンバー
>>メールマガジンTOP
【配信日】
第2・第4水曜日
休日の際などは変更あり
VOL.24 2013年2月27日号 受け入れられるプランと拒否されるプランの別れ道

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

健全な事業は健全なビジネス思考に宿る!≪あきない健全化のコツ≫

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
             2013年 2月27日号 VOL.24 発行:(株)アイル   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

次年度の計画や予算取りがいよいよ佳境に入ってくるこの時期。
社内外を問わず、自分のプランが受け入れられるか否かの戦いに、
奮闘する日々を送られている方も、多いのではないでしょうか。

トップ、あるいは逆に現場の反対を乗り越えるための、
プレゼンテーションやネゴシエーションの巧拙が問われる場面です。

“健全な行動や思考”を生み出す情報を、
コラム形式でお届けする今回のメルマガは、

▼プランが受け入れられる土壌を、ぬかりなく整えるための処方箋!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 常勝営業のコツ☆1問1答:Vol.22

 【 プレゼンの進め方におけるありがちな勘違い 】

http://school.ill.co.jp/icc/sales_pdf/text22.pdf
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

プレゼンテーションの場で理想としている進め方のイメージが、
実は相手の不満をつのらせ、拒否される原因になっている!?
提案を実行まで持ち込むために、改めたほうがいい認識とは?

競合物件で約9割の勝率をキープしている私たちアイルが、
1問1答形式の研修テキストにまとめてみました。

詳しくは下記のリンクをクリックするだけでご覧いただけます。

■ 1問1答テキスト
http://school.ill.co.jp/icc/sales_pdf/text22.pdf

■ 1問1答虎の巻(想定解答と解説)
http://school.ill.co.jp/icc/sales_pdf/text22_answer.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 女性を活かし企業を元気に!『長期定着の“コツ”』Vol.3

現場で育休復帰がうまく進まない理由を探る [育休復帰]

http://jinjigate.jp/column_detail/blog_id=8&id=282
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

女性社員の長期定着をはかろうとする会社の前に立ち塞がる、
育休復帰という大きな壁を乗り越えるには、
「直属の上司の理解」が欠かせません。押し付けにならず、
確実にコンセンサスを積み重ねられる導入の進め方とは?

「女性社員の力を活かした企業の活性化」に特化した
研修事業でマスコミも注目の、
ナチュラルリンク代表 片山美菜子がお伝えします

詳しくは下記のリンクをクリック!

▼ コラム
http://jinjigate.jp/column_detail/blog_id=8&id=282

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 編集後記

仕事というのは社内外を問わず、日々、提案の繰り返しです。

社会人が自分一人の腹だけで勝手に動かせることなど、
立場に関係なく、殆ど存在しないからです。

今日も研修でそんな話をしていたのですが、
「とにかくこまめに連携を取り合うしかない」と、
言われていた方がいらっしゃいました。

関係者との合意形成を図っていくためのコミュニケーションに、
完璧な答えはありません。

その都度都度に応じた、よりよい方法はないかと、
ゼロベースで探り続ける努力を怠っていないか?
その大切さを常日頃から肝に銘じているか?

受講されているみなさんにそんな話をしながら、
実は自らに言い聞かせていたりする訳です。

ということで、あきないの健全化に向けて、
このコンテンツがお役に立ちましたら幸いです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━