メールマガジン≪あきない健全化のコツ≫[バックナンバーVOL.3]

アイル メール購読・解除
健全な事業は健全なビジネス思考に宿る!≪あきない健全化のコツ≫バックナンバー
>>メールマガジンTOP
【配信日】
第2・第4水曜日
休日の際などは変更あり
VOL.3 2012年4月11日号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

健全な事業は健全なビジネス思考に宿る!≪あきない健全化のコツ≫

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
              2012年 4月11日号 VOL.3 発行:(株)アイル   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回はつい見落としがちな事業運営の「過ち」と、
それに気付くコツついてお話します。

AIJの被害を見ても思い知らされるのは、
「過ち」であること自体に気付かない危うさです。

後になって問題の大きさに気付き、
「なんであの時に」と嘆かないための知恵を、
90%以上のクライアントに黒字申告を継続させてきた、
税理士法人の代表 日野上 達也氏がコラム形式でお伝えします。

併せて営業組織の運営におけるありがちな「過ち」についても、
競合物件で常に8割以上の勝率をキープしてきた、
私たちアイルが1問1答形式のテキスト形式で挙げてみました。

そんな“健全な行動や思考”をいつでもどこでも分かち合える、
A41枚で印刷可能なPDFファイルに集約してお届けします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 黒字経営コーチの独り言 Vol.3

 「人は洗脳されやすい生き物」

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

▼ コラム

消費税増税、電気料金の値上げ、
占い師の芸能スキャンダルに至るまで、
現代社会は「洗脳」に満ち溢れています。

テレビ番組の“勧善懲悪”ストーリーでさえ、
事業活動の判断ミスを引き起こす「洗脳」が潜んでいるのです。

そんな仕掛けに惑わされない心の持ちようが、
上記のリンクから、たったの2クリックでご覧いただけます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 常勝営業のコツ☆1問1答:Vol.3

 【 結果が出ない営業組織の危うい常識 】

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

■ 1問1答テキスト
■ 1問1答虎の巻(想定解答と解説)

営業組織の運営においても「過ち」は存在します。
“常識”というオブラートに包まれた昔ながらの
“悪しき習慣”が、みなさんのチームには蔓延っていませんか?
詳しくは上記のリンクから、たったの2クリックでご覧いただけます。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

■ 編集後記

日野上氏のコラムにある、
ヒーローものの「悪の組織」に関する話題は、
個人的に笑いました。

詳しくはお読みいただくとしてて、
私からは題材の原作について雑学を少々。

そちらはテレビとはかなり違った、
含蓄のあるエンディングだったのです。

例の「悪の組織」が実は政府と裏で繋がっていて、
国民すべてをコントロールする巨大なコンピュータを作ろうとする、
という内容でした。

そう、完全に「住民基本台帳カード」システムの予言です。

昔のSF作品では数多く取り上げられてきたこのテーマに、
私たちはリアルに直面しているといえますね。

とはいえここで深刻ぶっても仕方ありません。

何とかとハサミは使いよう。要はバランスの置き方です。
「洗脳」ノウハウとの適度な関わり方を見い出すために、
このコンテンツがお役に立ちましたら幸いです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━