調整ポジションの把握から経営支店を持った組織改革まで!「管理職研修プログラム」 管理職基礎研修 評価者研修 管理職のタイムマネジメント研修 段取り研修 上級管理職研修

アイルの管理職研修プログラムへの資料請求・問合せ

管理職が抱える悩み
  • 望みは高いが具体性を伴わないトップダウン
  • あらゆる問題に対し経営陣から相次ぐ指摘
  • 現場にひしめく様々な経営リスク
  • 競争の激化で高まり続けるメンバーの負荷
  • 厳しい目標を果たされ疲弊する部下
  • あちらを立てればこちらが立たない人事評価
アイルの管理職研修プログラムの特長

管理職の課題解決に向けた必須スキルをもれなくラインナップ!


多くの管理職にとって悩みの種である『上層部と部下との板挟み状態』その克服に向け、
調整ポジションとしての役割を明確に掴み、課題解決のノウハウを習得する実践的プログラムです。
経営視点を加えた上級管理職向けの研修まで、もれなくラインナップを揃え、定期開催しております。
企業様毎の育成課題に基づき、選択も可能です。

管理職のための課題解決研修 段取り研修 管理職基礎研修 評価者研修 管理職のタイムマネジメント研修 上級管理職研修

1.管理職基礎研修について  2.評価者研修について  3.管理職のタイムマネジメント研修について  
4.段取り研修について  5.上級管理職研修について

管理職研修の特長

 

チームを預かる“調整ポジション”を担う為の基礎知識&基礎スキルが習得できるプログラム

“板挟み”の苦しみを克服し、競争力のあるチームを作りあげる上で欠かせない
自己分析、相互理解、目標設定、評価などの取り組み 。
こういった管理職ならではの役割を明確に掴み、実践に向けた基盤となる
フレームワーク力が学べるプログラム。

自分で気づいて行動ができる力が身につくワークショップ型

答えを簡単に求めるのではなく、与えられた課題を自分自身に照らし合わせて取り組むことで、
それぞれの方に最も適した解決策を手に入れていくワークを行います 。

管理職基礎研修カリキュラムの内容

競争力を生むチームつくりとは

チーム全体のパフォーマンスをあげる上では、部下の「メンバーシップ」を養成するプロセスが不可欠です。
そこを怠った状態のままリーダーシップを発揮しようと奮闘した場合、

@企画力や行動力にメンバーがついていけず空回り
A自らがプレイヤーとして実績をあげるのに精一杯
B最悪な場合は掛け声だけで終わり、成果どころか反省材料さえ残せない

といったような事態に陥ります。
つまり、部下のメンバーシップを養成するスキルは、上と下からの“板挟みの苦しみ”克服に向けた、
“基盤”となるフレームワークなのです。

アイルの管理職基礎研修では、

@上司としてメンバーと理解しあう
Aメンバーの良さを引き出す指導
Bメンバー自ら達成を志す目標・メンバーの育成を促す評価

を中心に、競争力を生むチームづくりを学んでいただけます。

1. これからの管理職・リーダー

■競争力を生むチーム作りの条件とは
■メンバーシップ養成フレームワーク

2. マネージャーとして自己分析

■自分を知る
■マネージャータイプとリーダータイプの違い
■自己分析

3. 相互理解

■メンバーからの期待を考える
■メンバーからの期待を知る


■ケーススタディ
  ・部下は何を感じているか
  ・若手社員になってほしい姿・状態
  ・動機付ける(モチベーションの7ステップ)

4. メンバーの目標設定

■目標の種類
■目標の3つの特質
■良い目標 5つのチェックポイント
■意欲を低下させる評価サイクル
■目的と目標と手段の違い
■ケーススタディ
  ・目標設定時における面談

5. メンバーの評価

■評価制度とは
■ケーススタディ
  ・考課期間中の行動から評価する
■起こりやすい評価のエラー
■ケーススタディ
  ・フィードバック面談の準備をする

※一部内容が変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

2.評価者研修について    3.管理職のタイムマネジメント研修について   4.段取り研修について   5.上級管理職研修について

評価者研修の特長

 

公平で納得感の高い評価を実践するノウハウが習得できるプログラム

部下に不平不満を感じさせない、人材育成につながる人事評価や、
意欲の向上をもたらすコミュニケーション。
これらの評価者としての役割を明確に掴み、人材資源の活性化を
実践する方法が学べるプログラム。

自分で気づいて行動ができる力が身につくワークショップ型

答えを簡単に求めるのではなく、与えられた課題を自分自身に照らし合わせて
取り組むことで、それぞれの方に最も適した解決策を手に入れていくワークを行います 。

評価者研修カリキュラムの内容

人材育成につながる人事評価とは

組織の財産であり、生産の原動力である「人材」を活かすためには、
公正な評価基準と効果的な教育体系の構築が不可欠です。
そこを怠った状態のまま評価表を事務的に処理してしまった場合、

@多くの部下にとって納得感に欠ける誤った評価
A被評価者の成長に繋がらない不毛な面談
B評価への不公平感によるモチベーションの低下

といったような事態に陥ります 。
つまり、人材育成につながる人事評価を行うスキルは、
部下からの不平不満を緩和し、モチベーションの向上を実現するための鍵なのです。

アイルの評価者研修では

@部下のモチベーション向上と成長を促す人事評価
A陥りがちな評価の判断ミスと予防策
B意義のある評価面談を実践するためのコミュニケーションスキル

を中心に、管理職として、公平で納得感が得られる評価の方法を学んでいただけます。

1. 評価者としての役割認識

■評価者の悩み
■評価者に期待されること
■人事評価の意義
■人事評価を人材マネジメントに活かす


2. 人事評価によるマネジメント

■評価のやり方
■人事評価に堪え得る目標設定
■目標設定面談
■評価の進め方
 @ブレない評価事実の捉え方
 Aブレない評価要素の選び方
 Bブレない評価段階の決め方

■フィードバック面談 
  @事前準備と環境の組み立て
  A評価に対する認識が違う部下との 面談
  Bフィードバック面談 コーチングの無理がない活用法
■評価者が陥りがちなエラーと克服策


3. 評価者の実践トレーニング

■目標設定訓練
  @評価しようのない目標を正すロールプレイング
  A悪い面談の問題点を指摘するケーススタディ
  B良い面談の成功要因を見習うケーススタディ
■評価事実の把握訓練
  @評価対象期間のブレを防ぐ
  A評価の対象となる職務行動とは?
  Bまとめ

■評価要素の選択訓練
■評価段階の選択訓練
■フィードバック面接ロールプレイング

4. よりより評価のための参考情報

■パワハラと指導の違い
■セクハラ相談があった場合の対処

※一部内容が変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

1.管理職基礎研修について   3.管理職のタイムマネジメント研修について   4.段取り研修について   5.上級管理職研修について

管理職のタイムマネジメント研修の特長

 

人的“資源”のポテンシャルを活かし伸ばすノウハウが習得できるプログラム

企業経営や業績を大きく左右するポイントとして、脚光を浴びているワークライフバランス。
その実現に向け、改めてタイムマネジメントの重要性が問われています。
管理職が時間を「経営資源」と捉え、有効活用する術を身に付ける事で、
時短という結果だけでなく、より豊かな人的“資源”の要請に繋げる為のプログラム。

自分で気づいて行動ができる力が身につくワークショップ型

答えを簡単に求めるのではなく、与えられた課題を自分自身に照らし合わせて取り組むことで、
それぞれの方に最も適した解決策を手に入れていくワークを行います。

研修カリキュラムの内容

部下の生産性を根本から高めるタイムマネジメント

人材資源のポテンシャルを引き出し、足腰の強い組織を構築するためには、
経営陣だけでなく管理者も責任を持ってワークライフバランスに取り組む必要があります。
そこを怠り部下を機械のように酷使した場合、

@メリハリがなく慢性的に生産性が低い勤務状態
A残業続きでアフター5を活かした人間的成長は期待できない
Bストレス病に至ると企業の社会的責任が損なわれる

といったような事態に陥ります。 そのようなチームは概ね、 部下だけでなく 管理職自らが
時間に「追われる」状態にあります。 逆にメリハリのあるチーム運営に切り替え、時間で
仕事をしなくなった組織は、心身とも健全になり、持続的なパフォーマンスの向上に至るのです。

アイルの管理職のタイムマネジメント研修では

@生産性・意欲・組織へのコミットメントを高めるワークライフバランス
A部下と管理職自らの時間の使い方を最適化するタイムマネジメント
Bメンバーを知り、職場の問題点を掴むメンタルヘルスのラインケア

を中心に、管理職として、人的“資源”のポテンシャルを活かし、伸ばす上で今、
最も重視される時間意識と時間管理の変革ノウハウを学んで頂けます。

1. ワークライフバランスとマネジメント改革

■施策と意義
■ワークライフバランスが求められる背景
■マネジメント改革
  時間/人材活用/組織の在り方
■推進による経営リスクの低減
■制度の利用を推進する
■実践に向けた理解度チェック

2. チームにおける時間意識

■「時短」の必要性
■時間意識の向上
 ・「時短」の必要性
 ・チームにおける「時短」のアプローチ
 ・ ノー残業デーの効果
■チームで取り組み時間活用
■限られた時間で成果を上げるノウハウ

3. 管理職自らの時間意識

■気の焦りと集中力の捉え方
■納期と着手時期の捉え方
■タスクとアポイントメントの捉え方
■ワークショップ
  ・「いつかやりたい仕事」をどう進めればいいか
  ・ 「いつかやりたい仕事」はいつやればいいか

4. チームにおける時間管理

■「いつかやりたい仕事」をうまく進める方法
■タスク管理で仕事を分解することで明確にする
  ・ 実行する順番の最適化ワークショップ
  ・突発的な仕事の適切な対処ワークショップ
■メンバーのタスク管理
  ・不要な時の1時間と必要な時の5分間
  ・期日が守れない部下への対処ワークショップ
  ・確認のタイミングを考えるワークショップ
  ・完全主義のメンバーへの対処ワークショップ
  ・累積する未完結の仕事への対処ワークショップ

5. メンタルヘルス対策における管理職の役割

■メンタルヘルス対策の必要性
■メンタルヘルスにおける4つのケア
  セルフ/ライン/事業内資源/事業外資源
■メンタルヘルス対策 3つの領域
  ・三次予防(職場復帰・再発予防)
   ケーススタディ
  ・二次予防(早期発見・早期治療)
   ケーススタディ
  ・一次予防(メンバーの特徴・傾向を知る)

※一部内容が変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

1.管理職基礎研修について   2.評価者研修について    4.段取り研修について      5.上級管理職研修について

段取り研修の特長

 

経営陣の期待に応えるマネジメントの基本スキルが習得できるプログラム

“板挟み”に悩む中間管理職にとって、最も負担感が強い上層部からの厳しい指示。
その苦しみを克服し、期待に応えるためのポイントやスキルアップの方法を
フレームワークを通じて習得するプログラム。

自分で気づいて行動ができる力が身につくワークショップ型

答えを簡単に求めるのではなく、与えられた課題を自分自身に照らし合わせて取り組むことで、
それぞれの方に最も適した解決策を手に入れていくワークを行います。

段取り研修カリキュラムの内容

上層部の厳しい指示をクリアするための段取り力とは

中間管理職が上層部の期待に応えるためには、先手先手で構想を打ち出し、
自ら掲げた目標を達成する勝算を立てつつ、日々発生する問題には
最適な解決策で挑み、起こり得るリスクを予想し備えを整える必要があります。
これらのプロセスを怠った場合、

@モグラたたき状態で発生する課題にきゅうきゅうとなる職場
A押し付けられた目標にモチベーションを失う部下
Bリスクがリスクを呼ぶ悪循環に陥り組織の機能が麻痺

といったような事態に陥ります。
つまり、上層部の厳しい要望をクリアする段取りとは、リーダーとしての責任を
「労力と気力任せ」にせず、確実に要領よく果たすためのノウハウなのです。

アイルの段取り研修では、

@トップの方針や中期経営計画を捉えるチーム構想を打ち出す
Aチーム構想を目標に落とし込み、的確な状況判断でクリアするスキル
Bリスクの情報共有と未然防止、解決策の具体化をはかるマネジメント

を中心に、管理職として、経営陣の期待に応えるマネジメントの基本スキルを学んでいただけます。

1. 管理職に求められる役割

■管理職を取り巻く環境
■部下から何を求められているか
■経営層の期待とは?部分最適と全体最適
■チーム構想

2. チーム構想とその実現

■チーム構想の描き方
  @ミッションを決める
  Aビジョンを描く
  B行動規範を打ち出す

■チーム構想の伝え方
■チーム課題
■チーム課題の形成
■チーム目標
■チーム目標の方針
■チーム目標の達成に向けて

3. 状況判断

■ケーススタディ〜問題への対応〜
■ケーススタディ〜優先順位〜

4. リスクマネジメント

■リスクマネジメントの必要性
■リスクマネジメントの流れ
■リスクの洗い出し
■リスク構成要素
■リスク構造分析
■リスク評価
■リスク対処
■管理職としての行動

※一部内容が変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

1.管理職基礎研修について   2.評価者研修について    3.管理職のタイムマネジメント研修について   5.上級管理職研修について

上級管理職研修の特長

 

経営視点を持って組織改革に取り組む為の考え方・スキルが習得できるプログラム

これまでの中間管理職との役割の違いを認識した上で、部門長として経営指針を踏まえた
目標を設定し、課題を自ら見出して解決し、リスクマネジメントを図るためのワークを通じて、
上級管理職としてのあり方を考える機会を持っていただくプログラム 。

自分で気づいて行動ができる力が身につくワークショップ型

答えを簡単に求めるのではなく、与えられた課題を自分自身に照らし合わせて取り組むことで、
それぞれの方に最も適した解決策を手に入れていくワークを行います。

上級管理職研修カリキュラム内容

中間管理職と上級管理職の違いとは

上級管理職には経営者としての自覚と視点が必要です。
中間管理職の意識と能力のまま部門長の椅子に座っている場合、

@事業意思を浸透できない
A事業環境の変化に伴う新たな役割を認識しない
B期待する責任をコミットメントできない

といったような事態に陥ります。
経営者が期待する事業戦略推進上の思考と行動が
部門長に“理解されていない”、“徹底されていない”という事態を引き起こすわけです。

アイルの上級管理職研修では

@上級管理職の役割とそれを踏まえた課題解決
A中間管理職を中心とした部下の育成・指導
B経営計画への参画

を中心に、上級管理職にステップアップするための考え方・スキルを学んでいただけます。

1. 上級管理職の仕事と役割

■組織全体の影響を考える
■不適格者の傾向
■上級管理職の果たす機能
■重点的に担う役割
■社会責任の変革
■社会責任の変革
   ワークショップ〜隠蔽〜
■全体最適
■ ケーススタディ〜全体不適・部分最適?〜

2. 上級管理職による業務改革

■ライン部長の業務改革
■本社部長の業務改革
■事業部長の業務改革
  ワークショップ〜再建〜
   ワークショップ〜限界事業再建〜


3. 上級管理職による人間改革@課長の育成

■課長の業務評価
■課長の人物評価

4. 上級管理職による人間改革A人材アセスメント

■管理職登用を適正化するための人物評価
■評価シート
■人材分析〜個人か組織か〜
■人材分析〜管理職のタイプ分類〜
■ケーススタディ〜初動から読み取る〜
■ケーススタディ〜部下への対処から読み取る〜
■ケーススタディ〜クレームへの対処から読み取る〜
■ケーススタディ〜リーダーシップから読み取る〜

5. 経営計画とその遂行

■経営計画=集団による意思決定ツール
■経営計画が担う2つの職能

※一部内容が変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

1.管理職基礎研修について   2.評価者研修について    3.管理職のタイムマネジメント研修について   4.段取り研修について

管理職研修講師紹介

管理職研修講座講師岡野寛

管理職研修講座講師岡野寛

【講師歴】

勝つべくして勝つ営業の戦い方、新入社員に対する組織人としてのマインド養成、さらには戦略視点の事業計画立案まで。
開発した研修プログラムは60以上。講師としてファシリテーションを務めた回数は300回を超える実績を持つ。
その根本は常に「現場で活用出来なければ意味がない」という発想だ。

【講師・セミナー実績】

■ソリューション営業支援プログラム42講座:開発〜メイン講師
■管理職研修「目標設定と評価指標設定 BSCマネジメント活用法」開発〜講師
■新人〜中堅社員研修「社会人基礎力養成講座」開発〜講師
■「ビジネスEメール常識と非常識」開発〜講師
■その他、コーチングやロジカルシンキングなどのフレームワークから、
現場で実践できるノウハウのみ抽出した、研修プログラムの開発〜講師多数

【経歴トピックス】

◆情報サービス出版会社 マス広告・媒体・イベントを活用したリクルーティング支援のディレクターとして入社。
ITを始めとする技術者、建設現場、あるいは娯楽施設など、採用難易度の高い案件に取り組む。
人材ビジョンのない人材の採用・育成は成功しないという原理原則を一貫。
◆株式会社アイル 教育連動型の求人サイト企画を持ち込み、弊社代表岩本から「一緒にやろう」と誘われ、
富士通niftyとのアライアンスによる、「アイルの学べる求人サイト@ばる」の立ち上げメンバーとして入社。
人材ビジネス会社向けに、採用と教育アウトソーシングを連動させた、事業支援サービスを最前線で展開。
現在は顧客が人材ビジョンを明確にし、その実現を図る土台となる「成長」を支援する活動にシフト。
直近ではプログラム開発ノウハウを結集したコンテンツ「常勝営業のコツ☆1問1答」をフリーでシェアする活動を開始。

管理職研修プログラム料金体系

1名からの受講も可能

アイルキャリアカレッジでは毎月定期的に管理職研修をオープン講座として開講しています。
そのため、1名からの受講もお受けしております。
直近のスケジュールはコチラ

1講座だけ利用も可能

最低限の管理職基礎研修の1講座だけ利用することも可能なカフェテリア形式。
毎月定期的にオープン講座として開講していますので、フォローアップに活用するなど計画は自由自在です。
※人数や日程に関しては、ご希望あれば別途ご相談に応じます。
管理職研修プログラム料金体系一覧

※テキスト代別途お1人様1,000円(税抜き)が必要となります。
※法人様の場合は、請求書発行が可能となります。
※講師派遣・集合研修をご希望の場合は、別途ご相談下さい。

開催エリア 開催日 開催講座 開催時間 受講定員 研修会場 研修スタイル
東京 2014/09/10(水) 評価者研修 10:00〜17:00 20名 アイルキャリアカレッジ東京校 複数の企業様が参加される合同研修
東京 2014/09/25(木) 管理職基礎研修 10:00〜17:00 20名 アイルキャリアカレッジ東京校 複数の企業様が参加される合同研修
東京 2014/10/23(木) 管理職のタイムマネジメント研修 10:00〜17:00 20名 アイルキャリアカレッジ東京校 複数の企業様が参加される合同研修
東京 2014/10/27(月) 管理職基礎研修 10:00〜17:00 20名 アイルキャリアカレッジ東京校 複数の企業様が参加される合同研修
東京 2014/10/28(火) 上級管理職研修 10:00〜17:00 20名 アイルキャリアカレッジ東京校 複数の企業様が参加される合同研修
東京 2014/11/12(水) 段取り研修 10:00〜17:00 20名 アイルキャリアカレッジ東京校 複数の企業様が参加される合同研修
東京 2014/11/25(火) 管理職基礎研修 10:00〜17:00 20名 アイルキャリアカレッジ東京校 複数の企業様が参加される合同研修

開催エリア 開催日 開催講座 開催時間 受講定員 研修会場 研修スタイル
大阪 2014/09/03(水) 管理職基礎研修 10:00〜17:00 20名 アイルキャリアカレッジ堂島校 複数の企業様が参加される合同研修
大阪 2014/09/18(木) 管理職基礎研修 10:00〜17:00 20名 アイルキャリアカレッジ堂島校 複数の企業様が参加される合同研修
大阪 2014/09/24(水) 管理職のタイムマネジメント研修 10:00〜17:00 20名 アイルキャリアカレッジ堂島校 複数の企業様が参加される合同研修
大阪 2014/09/25(木) 評価者研修 10:00〜17:00 20名 株式会社アイル大阪本社3F 複数の企業様が参加される合同研修
大阪 2014/10/14(火) 管理職基礎研修 10:00〜17:00 20名 アイルキャリアカレッジ堂島校 複数の企業様が参加される合同研修
大阪 2014/10/15(水) 評価者研修 10:00〜17:00 20名 株式会社アイル大阪本社9F 複数の企業様が参加される合同研修
大阪 2014/10/16(木) 上級管理職研修 10:00〜17:00 20名 アイルキャリアカレッジ堂島校 複数の企業様が参加される合同研修
大阪 2014/10/27(月) 管理職基礎研修 10:00〜17:00 20名 アイルキャリアカレッジ堂島校 複数の企業様が参加される合同研修
大阪 2014/11/07(金) 上級管理職研修 10:00〜17:00 20名 アイルキャリアカレッジ堂島校 複数の企業様が参加される合同研修
大阪 2014/11/13(木) 管理職基礎研修 10:00〜17:00 20名 株式会社アイル大阪本社3F 複数の企業様が参加される合同研修
大阪 2014/11/14(金) 段取り研修 10:00〜17:00 20名 アイルキャリアカレッジ堂島校 複数の企業様が参加される合同研修
大阪 2014/11/17(月) 評価者研修 10:00〜17:00 20名 アイルキャリアカレッジ堂島校 複数の企業様が参加される合同研修
大阪 2014/11/18(火) 管理職のタイムマネジメント研修 10:00〜17:00 20名 アイルキャリアカレッジ堂島校 複数の企業様が参加される合同研修
大阪 2014/11/27(木) 管理職基礎研修 10:00〜17:00 20名 株式会社アイル大阪本社3F 複数の企業様が参加される合同研修

※同業他社の方のご参加はご遠慮いただいております。
※参加人数が4名以下の場合は、開催見送り・延期等を行う可能性があります。あらかじめご了承ください。
※法人様の場合は、請求書発行が可能となります。
※講師派遣・集合研修をご希望の場合は、別途ご相談下さい。

講師派遣、集合研修のご相談もお受けしています
講師派遣、集合研修のご相談もお受けしています
お申し込みの流れ
上記日程で都合の良い企業様へ
 

問合せ・資料請求フォームよりお問合わせください。担当者より、残席状況と併せて、申し込み手順などのご連絡をさせていただきます。ご質問など含めまして、お気軽にお問合せください。問合せ・資料請求フォームはこちら

 
「人数やに日程を相談したい・・・」「講師派遣は?」という企業様へ
 

管理職研修プログラムに関するご相談は随時受け付けております。企業様の要望に合せたご提案もさせて頂いていますので、まずは一度お問合せ下さい。お問合せは、メールフォーム、もしくはお電話(0120-147-396)でもお受けしております。お気軽にお問合せ下さい。

 

プログラム一覧

営業研修

公開講座研修

このエントリーをはてなブックマークに追加